紫外線を防ぐ2

紫外線を防ぐ、ポピュラーな方法のもう一つが日焼け止めを使用する事。
選び方と使用にあたっての注意点をいくつか挙げてみました。

紫外線には大きくA波とB波があります。
肌が黒くなる日焼けはA波、赤くヒリヒリしたやけどのような日焼けは主にB波の仕業です。
B波が主に、皮膚の表面に作用するのに対して
A波は肌の奥、真皮層にまで届いてその組織に作用します。

そう、シミの原因、美白の大敵は主にA波。
しかもシミだけではなく、組織の弾力低下を招いてシワの原因にもなるとの事。

日焼け止めにはそれぞれに対応する効果の基準が表示されていますね。
SPF」や「PA+」などの単位です。

SPF」はその数値が高いほど、B波を防ぐ効果が高い事を示しています。
「PA」はその後ろにつく「+」の数が多いほど、A波を防いでくれます。

そして日焼け止め使用の際は、その効果を最大限にする為にも以下の点に注意してみてください。
1.肌に合ったものを選ぶ
2.TP0やシーンに合わせて使いわける
3.ムラなく塗りのばす。また汗をかくような場合はマメに塗りなおす
4.ファンデーションを使っていなくても、きちんとクレンジングで落とす

効果的に使ってしっかり紫外線をカット。
健康維持、美白効果の促進につなげていきましょう。

広告を非表示にする